2019

Aerospace

ボーイング2019年納入機数

ボーイングの機体情報アップデートしました。 2019年の商用機の納入が380機と、前年(806機)から53%減少したと発表しています。ライバルの欧州航空機大手エアバス(863機)に抜かれ、11年以来、8年ぶりに世界首位の座を譲りました。
Aerospace

F-35 LIGHTNING II の2019年(更新)

2019年 F-35関連ニュースまとめ (Wiki見ればいいか?😅)● Feb 2019 米海軍F-35C IOC獲得● Apr 2019 航空自衛隊F-35A 太平洋に墜落● Apr 2019 米空軍F-35A部隊 中東...
737MAX

Paris Air Show 2019 – 受注まとめ

パリエアショー 2019終了時の受注状況をまとめました。 エアバス50周年を記念する年でしたが、前回、前々回と比べると、全体的な受注数は低く、静かなショーでした。 全体的にはエアバスが受注数を伸ばし、合計388機の受注をしました。対してボ...
737MAX

Paris Air Show – Airbus outrace Boeing at their home game

パリエアショー3日目も終了し以下のような状態です。 ボーイングもIAGから737MAXを200機を受注し、驚かせるニュースも昨日ありましたが、やはり737MAXの事故で失ったボーイングの信頼は、取り戻すのに時間がかかると思わせる内容です。ボーイングが受注したオーダーの多くが、LoI(Letter of Intent)であり、ファームオーダーでは無いというのが、それを物語っています。まあ、エアショーではそのレベルでいいんですが。
Aerospace

パリ・エアショー2019

第53回パリ・エアショー(The 53th Paris Air Show )が2019年6月17日(月)から6月23日(日)までの1週間、フランス・パリ郊外のル・ブールジェ空港で開催されます。隔年で開催される航空宇宙機器の見本市で、エアバス、ボーイングをはじめ、航空機メーカー、関連企業などが多数、出展します。 日本企業からは、前回(2017)同様にホンダジェットや川崎P-1、初出展は川崎C-2となっています。エアショーでの展示機体に関してはエアショーのホームページから機体のリストをダウンロードできます。