737

737MAX

ボーイング新中型機(NMA)の状況 (3)

このNMAの日本の航空機産業への影響はどうでしょうか? 日本は767からボーイングのメジャーなプログラムに参加し始めてきました。その後、777では飛行機の21%を製造し、787においては35%、777Xでも21%のワークシェアがあります。777は777Xに置き換わるため次第になくなるプログラムです。今後残るプログラムは767(殆どが米空軍の給油機向け)と787、777Xとなります。
737MAX

ボーイング新中型機(NMA)の状況 (2)

引き続き、まだ存在しない飛行機について、、、NMAはNew Midsize Airplane の略で、ボーイング次世代中型ジェット旅客機として757(と767)の後継として検討が続けられている機体です。
737MAX

Boeing 737Max 減産へ

ライオンエアとエチオピア航空の墜落事故を受けて、ボーイングCEODennis Muilenburg氏は737の生産を4月中旬から20%減産すると発表しました。 墜落事故が起きるまでは、月産52機(今年更に57機にレートアップするニュ...
737MAX

ボーイング737 MCASシステムのソフトウェアアップデートについて

昨年から今年にかけて起きた、2件の737MAX墜落事故に関してボーイングがMCASシステムのソフトウェアのアップデートを行うとニュースがありました。 これはライオンエアの事故の後、ボーイングは対策を開始していたようです。(一部では米...