Sukhoi

Aerospace

2020年 航空機主要メーカーOutlook – その他メーカー

2019年はボーイング が全てのヘッドラインを奪い、その裏でエアバスは比較的好調な年を過ごしました。2020年はどのような年となるのでしょうか?各社のOutlookを簡単にまとめてみます。 Boeing Airbus その他 その他 Bombardier 同社は今年最後のCRJを引渡し、コマーシャルジェット機の生産が終了します。 Embraer
Aerospace

インドネシア F-16Vに関心

 インドネシア空軍はLockheed Martin F-16V Block 70/72戦闘機購入に関心を示している様です。機数に関しては2個飛行隊分32機で、装備の近代化プログラムMinimum Essential Force(MEF)にて検討されています。 このプログラムで、インドネシアはロシアのSukhoi Su-35戦闘機も購入することを検討しており、ロシア・米国製機体ミックスの導入を考えていることになります。
Aerospace

S-70ステルス無人攻撃機 Su-57ステルス戦闘機と編隊飛行(動画)

ロシア国防省はロシア軍が開発中のステルス無人攻撃機「Sukhoi S-70オホートニク(Okhotnikもしくは”Hunter-B”)」が9月27日にSu-57ステルス戦闘機と飛行する様子を動画にて公開しています。 この無人攻撃機の運用方法1つとして、有人戦闘機との連携運用で「Loyal Wingman」化する構想があります。昨年、ロシアの第五世代戦闘機であるSu-57の垂直尾翼に、Su-57ステルス戦闘機とS-70無人攻撃機とみられるシルエットに稲妻がはしっており、両機がリンクして運用されることを思わせるインシグニアが描かれていました。将来的には両者がセンサー等の情報を共有し、共同で作戦する研究が進められています。
Aerospace

ロシア国防省 新型無人偵察機「Altius-U」(アリチウス-U)の初飛行映像を公開

ロシア国防省は、新型無人偵察機「Altius-U」(アリチウス-U)の初飛行映像を公開しました。 映像では、空中での操作や着陸の様子を見ることができます。初飛行は32分間行われ高度800m程での飛行を行なったようです。初飛行が行われた場所については明らかにされていません。
Aerospace

ロシア国防省 S-70無人攻撃機の初飛行動画公開

ロシア国防省はロシア軍が開発中のステルス無人攻撃機「Sukhoi S-70オホートニク(Okhotnikもしくは”Hunter-B”)」が8月3日に初飛行した様子を、8月7日動画にて公開しています。 この無人機の開発計画は「Udarno-Razvedyvatelnyi Bespilotnyi Kompleks(英語:Strike-Reconnaissance Unmanned Complex)」と呼ばれています。以前に「MiGスキャット」。。。それがステルス無人攻撃機「S-70オホートニク」として再開されたものです。