スポンサーリンク

減産、777X延期、747製造終了 – ボーイング

 ボーイング社は29日に発表された第2四半期のレポートで、2022年に747の製造を終了、2021年に787の生産レートを月産6機へと減産し生産ラインをエベレットかチャールストン のどちらか1箇所に集中させることを検討中、737MAXに関しては2022年までに月産31機へと回復、777/777Xに関しては2021年に月産2機とするとしています。777Xに関しては商業飛行開始時期を2022年へと延期させることも明らかにしています。

参照リンク:
https://boeing.mediaroom.com/news-releases-statements?item=130713