ニュース

Aerospace

ボーイング社FARA提案機体の動画公開

 米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けのコンセプト機体は、ボーイング社以外の4社が機体デザインを公開していますしたが、ボーイング社から新しいティーザー動画が公開されました。
360 Invictus

Bell 360 Invictusコンセプト機の市街戦動画公開

 Bell社は米陸軍の将来型攻撃偵察機(FARA:Future Attack Reconnaissance Aircraft)プログラム向けの機体Bell 360 Invictus「インビクタス」の新しいビデオを公開しました。 BellのTwitterアカウントに紹介されたこの動画は、新型ヘリコプターが市街戦で使用される様子となっています。
Aerospace

米海軍へ納入されたCMV-22B Ospreyがなんか好き

(テキサス州アマリロ)米海軍へグレイハウンド後継機として導入するオスプレイ(44機)の初号機体の引渡しが行われました。 納入された機体は、最初カリフォルニア州ノースアイランド海軍航空基地、続いてバージニア州ノーフォーク海軍基地へ配属される予定です。
Aerospace

改良ミサイル搭載のP-1

 海上自衛隊が12式SSMの改良型ミサイル(哨戒機用新空対艦誘導弾)を海上自衛隊のP-1哨戒機に搭載し試験飛行しています。2月10日に厚木基地から飛び立つ様子が撮影されています。
Aerospace

トヨタ(?)ドローン モハーヴェ空港で飛行試験中?

モハーヴェ空港 & 宇宙港(Mojave Air & Spaceport)でスポッターが撮影した画像がトヨタがJoby Aviationと協業し開発・生産している電動垂直離着陸機ではないか?というニュースメモ。 機体のレジストレーションは「N871YT」で、トヨタ所有となっています。
412EPI

スバルベル412EPXにAstronautics社Badger Pro +統合フライトディスプレイシステム

 Astronautics Corporation of Americaは、412シリーズの最新バージョンであるSUBARU BELL 412EPXにBadger Pro +統合フライトディスプレイシステムを提供します。。。というメモ。以下はメーカーニュースリリースから一部引用:
787-3

787-3 NMAとして再検討?

 振り出しに戻ったNMAに関して、色々とメモして勉強してきました。767のエンジン換装案などもありましたが、今回メモしておくのは787開発当初検討され、採用される事は無かった787-3に関して。 NMAに関しては当初2025年をEISとしていましたが、現在の新機種開発〜FAAによる認証取得の時間を考えるとスムーズに進んでも7年前後はかかります。そんなスムーズなプログラムは聞いたことありませんが。。。ビッグマイナーチェンジの777Xもローンチが2013年秋で、初飛行が先日で、EISまで8年程かかるはずです。
Aerospace

ボーイングと米海軍 “無人機” EA-18Gグラウラーの飛行実施

 ボーイングのウェブサイトによると、同社と米海軍は2機のボーイングEA-18Gグロウラーを自律無人航空機(UAV)として飛行させ、3機目のグラウラーをフライトコントローラーとして使用しました。
Aerospace

F-35A 機関砲の使用でクラック発生

 米国防省はLot 9以降に製造された新しいF-35Aに関して、機関砲の使用に関して戦闘時以外での使用を禁止する制限をしています。 この原因に関しては、米国国防総省の兵器システムに関する運用および実射のテストおよび評価活動を行うDOT&Eが米国議会に提出した報告書が1月30日に公開されています。
737-10

Boeing 737MAX 生産再開レートはLow&Slow

 昨年飛行停止となり、今年1月中旬から生産ラインも停止しているボーイング社737MAXの生産再開時期と今期製造予定機数の予測メモ。 現在400機+の機体が製造済&保管されています。