スポンサーリンク

中国 JF-17, J-20, J-31アップデート

中国 JF-17, J-20, J-31の情報アップデート

12月15日に中国とパキスタンが共同開発した単座式全天候型多用途戦闘機JF-17 Thunder(FC-1 梟龍)のBlock IIIバージョンが初飛行しました。その時の様子がSNSで2週間ほどしてアップされています。

写真は中国成都市のAVIC社工場にて初飛行を行う様子を撮影したものです。初飛行する機体の向こう側にはVIPとみられる方達が座っており、初飛行を祝う横断幕が張られています。

JF-17のこれまでのバージョンとの大きな違いはこの写真から見ることができませんが、J-20で採用されている様な大型のHUDがコックピット内部にみることができます。パイロットのヘルメットよりも大きく見えます。

これ以外に、ミサイル警戒装置がジェットインテイクの後方と、機体尾部に装着されています。また、ジェットインテイク(ジェットエンジン空気取入口)自体も拡大されているはずです。

そして最も目立たないですが、大きな違いとして新しい「AESA (active electronically scanned array)」レーダーの採用です。これにはChina Electronics TechnologyグループのKLJ-7A、もしくはAVIC社が初めて開発したエア冷却タイプのAESAレーダーのどちらかが採用されているはずです。
これ以外に、Block IIIでは新しい電子戦機器も装備されると思われます。

JF-17 Block III

First the JF-17 Block 3 prototype ‘3000’ during its maiden flight on 15. December 2019. (Images by Jacksonbobo via Weibo)

J-20戦闘機に関しては、これまで装備されてきたSaturn AL-31エンジンのアップグレードではなく、新しく国産開発されたShenyang WS-10エンジン(コードネーム太行(渦扇-10(中国語: 涡扇-10、ウーシャン(wō shàn)-10))を装備した機体の写真がSNSでアップされています。
このWS-10エンジンはShenyang J-11B戦闘機(Su-27のコピー機)にも採用されていますが、J-20向けにはエンジン排気口がノコギリ状のソウ・トゥース処理されており、レーダー反射への対策を試みていることがわかります。これまでに4基のWS-10エンジンがJ-20に装備されている様です。J-20に最終的に装備する本命のエンジンはXian Aero Engine社のWS-15エンジン(渦扇-15(中国語: 涡扇-15、ウーシャン(wō shàn)-15)コードネームは峨眉)ですが、まだ開発中で、採用時期はまだわかっていません。

J-20 with WS-10

中国国産のWS-10エンジンが装備されている。ソウ・トゥース形状の排気口が見える。 Source: Weibo @JacKsonbobo

最後に、AVIC社のWeiboアカウントに掲載された開発中のFC-31に関するニュース。この投稿には先ほど就役した2隻目の中国国産空母CNS Shandong(山東)に関連した将来艦載戦闘機に関してのものです。
J-31/FC-31に関してはなかなか情報はありませんが、艦載機として開発が進められているようです。また、現在使用中のJ-15戦闘機(Su-33のコピー機)は信頼性の問題を抱えており、安全性が懸念されていることから、J-20戦闘機に関しても大型の艦載機バージョンが開発されているという情報もあるようです。

Chinese carrier fighter

WeiboのAVIC社アカウントで掲載されたFC-31の艦載機バージョンの様な投稿     Source: AVIC via Weibo

参照リンク: