スポンサーリンク

スイス次期戦闘機選定のため飛行評価プロセスを開始

Patrouille de Suisse F-5 with Swiss A330

スイスは、同国の次期戦闘機選定のため飛行評価プロセスを開始しました。

これはF-5戦闘機の後継機と地対空ミサイルシステムの導入を計画した「Air 2030」計画として進められています。

スイス軍はF/A-18を30機余り保有しており、2030年ぐらいまで使用する予定ですが、40-50機程あるF-5タイガーに関しては、以前の記事でも書きましたが、退役が始まっています。そこで政府と連邦議会は、F-5タイガーにとって代わるスウェーデン製のグリペンの22機の購入を決めたのですが、2014年に新戦闘機グリペン購入が国民投票で否決されたというのが2014年のニュースです。

今回再スタートした次期戦闘機選定プロセスですが、スイス国防総省のウェブサイトによりますと、飛行評価プロセスに関して:

5つの戦闘機が候補となっており、それぞれの戦闘機のメーカー名アルファベット順に評価試験が行われていくようです。(5機種 x 二週間)

  • Airbus, Deutschland, Eurofighter:  In den Kalenderwochen 15 und 16
  • Boeing, USA, F/A-18 Super Hornet:  In den Kalenderwochen 17 und 18
  • Dassault, Frankreich, Rafale:  In den Kalenderwochen 20 und 21
  • Lockheed Martin, USA, F-35A: In den Kalenderwochen 23 und 24
  • Saab, Schweden, Gripen E: In den Kalenderwochen 25 und 26 (⇦ SAABはスイスからの要求仕様を満たさない分野があり、6月中旬に選定プロセスに参加しないと決定しました。スイス連邦国防省ウェブサイトより:https://www.vbs.admin.ch/content/vbs-internet/en/die-aktuellsten-informationen-des-vbs/die-neusten-medienmitteilungen-des-vbs.detail.nsb.html/75390.html )

期間:パイロットはそれぞれのメーカーでのシミュレータでの訓練を事前に受けており、スイス国内で飛行試験を実施し、既存の地上施設との相互運用性の確認等も行われていきます。

2週間の評価の一環として8つのミッションを行い、それぞれに1〜2機の航空機が使用されます。ミッションの少なくとも1回は夜間飛行が含まれています。

夜間飛行のスケジュール:(万が一、読者に写真撮りに行こうと思う人がいたら、参考まで。)

  • Montag, 15.04.2019 (16.04.2019)
  • Montag, 29.04.2019 (30.04.2019)
  • Montag, 20.05.2019 (21.05.2019)
  • Donnerstag, 06.06.2019 (11.06.2019)
  • Mittwoch, 26.06.2019 (27.06.2019)

Air2030プログラムのための80億スイスフラン(80.4億ドル)の予算は、戦闘機と防空システムの両方の費用をまかなう必要があり、スイス政府は30〜40機の購入を要請しています。機種決定は2020年に計画されており、契約は2022年に議会承認の後に署名予定です。機体の空軍への引き渡しは2025 〜2030年に行われる計画です。
<2019年9月9日更新↓>
防空システムに関しては、レイセオン社製パトリオットミサイルシステム(2019年8月にテスト)とMBDA社製のSAMP/Tシステム(2019年9月にテスト)から選ぶことになりそうです。(イスラエルのRafael社に関しても提案を要求したものの、同社は拒否しているようです。米国からの圧力があるとの見方もあります。)防空システムの評価テストは、スイス中部のメンズィンゲン(Menzingen)の陸軍の射撃場で行われます。この場所は、90年代にブラッドハウンド防空ミサイルが配備されていた場所です。
<更新終わり>

既にタイフーン戦闘機がスイスに到着したとEurofighter Typhoonの公式ウェブサイトにはニュースが掲載されています。次の航空機はボーイングF/A-18E/Fスーパーホーネットで、4月下旬に到着予定です。 5月以降はDassault RafaleとLockheed Martin F-35が、6月初めにはSaab JAS-39E Gripenと続きます。

ソース:スイス連邦国防省ウェブサイトより

下記は最初の評価対象機種であるTyhoonの到着を伝えるTwitter: