aerospace

Aerospace

マレーシアで航空産業協力 政府が枠組み創設へ

 政府が航空機産業の分野で、マレーシアと協力のための枠組みを創設する予定です。シンガポール航空ショーに合わせて「産業協力セミナー」を開き、航空機部品メーカーの提携・技術連携に向けた協力の枠組み創設に合意する予定でしたが、6月にもマレーシアで改めて関連会合を開き、枠組み創設の決定を目指します。
Breitling

パイロットと時計

このaerospaceは、液晶部分が反転液晶となっており、本体ケースとブレスレットがチタン製で頑丈で軽く、そしてプロファイルも非常に薄くできていて、誤って周りに当ててしまって傷つけてしまうようなことも極力避けれます。時計選びで悩んでおられる方、オススメします!
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(5)

攻撃ヘリコプターのミッションが、対ゲリラ戦の様なレベルであれば比較的に有利に遂行できるが、それ以外のミッションには非常に危険が伴うということを書きました。また無人航空機の出現で、これまで攻撃ヘリコプターが得意としていた任務の多くを、無人機で十分にカバーできることも、AH-Xを選定する上で検討すべき分野となります。
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(4)

これまで(1)〜(3)を通して、次期戦闘ヘリコプターは一般的な2人乗り専用の攻撃ヘリコプターに関して、攻撃ヘリとは?どの様なシナリオで使用できるのか?等を書いてきました。速度と武装のポイントから少し書いてみたいと思います。
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(3)

現在使用しているAH-1Sの更新の機体として検討されるAH-Xについて。 正規の軍隊と対峙するシナリオでは使用することに非常にリスクのある装備であること、そして対ゲリラ戦闘を予測する観点から数量を定めることが難しいという観点を考えるだけで、AH-Xという計画が綺麗な回答を出しにくいものである。
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(2)

現在使用しているAH-1Sの更新の機体として検討されるAH-Xについて。 戦闘ヘリ、特に攻撃に特化したデザインのヘリコプターがデビューしたのは、ベトナム戦争です。AH-1コブラ、AH-64アパッチが代表的なものでしょう。ヨーロッパのメーカーもタイガー(ティーガー)やマングスタという機体を開発しました。
Aerospace

陸自次期戦闘ヘリコプターAH-X/NAHについて(1)

現在使用しているAH-1Sの更新の機体として検討されるAH-Xについて。現在運用しているAH-1とAH-64Dに関して、導入が決定された30-40年(?)前とは“我が国を取り巻く環境”も大きくて変わっており、新たな観点で整備されていくものかと期待しています。