FAA

737MAX

Boeing 737NGで「Pickle fork」にクラックが見つかる (1)

FAA(連邦航空局)はBoeing 737NGの機体にクラックが見つかったとして同型機を運用するエアラインに向け機体検査指示を出しました。クラックが見つかった場所は「Pickle forks」と呼ばれる胴体と主翼接合部に使用されるジョイント部位で、飛行中に同部位を曲げようとするストレス、トルク、空力に耐えている部位となります。
Aerospace

ボーイング MQ-25無人空中給油機が初飛行(Updated)

2019年9月19日 ボーイングと米海軍はMQ-25™無人空中給油機の初飛行に成功しました。 ボーイングWebサイトニュースリリースでは、MQ-25™無人空中給油試験機「T1」が、試験プログラムが行われているMascoutah, Ill.のセントルイス飛行場で、地上コントローラーの監視の下、2時間に及ぶ自動飛行を行いました。
737MAX

FAA AOAセンサーに関して注意喚起

米国連邦航空局(FAA)は「Information for Operator - 19009」(航空安全情報)を発行し、運用者に対して迎角(AOA)センサーが簡単に損傷する可能性があることを思い出させ、安全な飛行操作を確保するために、注意深く保守する必要があることを明記しています。
737MAX

737Max飛行再開に向けて数百人雇用

ボーイングは2件の墜落事故を受けて、3月から飛行停止中の737Max飛行再開に向けて、モーゼスレイクで働く数百人の派遣社員を雇用します。 これらの社員にはモーゼスレイクでの住宅と食事手当が支給されます。求められているのは航空電子技術者、航空機整備士、機体およびエンジン整備士、航空機電装関連の技術者などです。
737MAX

737Max – アップデート

米ボーイングのデニス・ミュレンバーグ最高経営責任者(CEO)が4月17日、運航停止となっている737MAX型機のソフトウエア修正について、認証に向けて「着実に前進」していると述べ、自身のツイッターに投稿した動画で、最新のソフトを搭載した正...
737MAX

737Maxの無資格者による認証問題 に関して (2)

By Steve Lynes from Sandshurst, United Kingdom - EGLF - Boeing 737 Max - N120IS, CC BY 2.0, (1回に続く)この記事では: ● さらに...
737MAX

737Maxの無資格者による認証問題 に関して (1)

737Maxの墜落事故をきっかけに明るみに出た、FAA航空機安全検査官検査員が無資格で認証を行った可能性が疑われています。 そもそもこの疑惑とは一体何かという事について、ニュースで色々と断片的に見ていると、わかりにくいようであれば、...