スポンサーリンク

ボーイング MQ-25無人空中給油機が初飛行(Updated)

Boeing and the U.S. Navy successfully completed the first test flight of the MQ-25™ unmanned aerial refueler Sept. 19. The MQ-25 test asset, known as T1, completed the autonomous two-hour flight under the direction of Boeing test pilots operating from a ground control station at MidAmerica St. Louis Airport in Mascoutah, Ill., where the test program is based. (Boeing photo)

2019年9月19日 ボーイングと米海軍はMQ-25™無人空中給油機の初飛行に成功しました。

(ソース:ボーイングWebサイトニュースリリース)MQ-25™無人空中給油試験機「T1」が、試験プログラムが行われているMascoutah, Ill.のセントルイス飛行場で、地上コントローラーの監視の下、2時間に及ぶ自動飛行を行いました。

機体は自動でタキシング、離陸を行い、事前に設定された飛行経路を飛行し、基本的な機体制御チェックと地上コントロールとの通信を行なった様です。

今回初飛行に使用した機体「T1」は、今後製造されるEDM-engineering development modelとよばれる設計開発をさらに反映した機体が4機製造されますが、その間試験データなどから経験を得るために飛行を行う実証機という役割の機体です。

この機体「T1」は9月にFAAから「Experimental(試験機)認定」を受けており、FAAが求める安全な飛行が行える機体であるかを実証します。

今後試験飛行を繰り返し、本格的なシステムやソフトウェア開発導入へのデータ収集が行われていくようです。

MQ-25™無人空中給油機は、米海軍が必要としていた空母をベースにした空中給油機能力に大きな変化をもたらします。S-3哨戒機やA-6攻撃機が退役した後、これまでF/A-18戦闘機が給油タンクを取り付け空中給油を行うという方法がとられていました。これは空母が持つ攻撃力を削る形となるため、空中給油専用のアセットが長い間必要とされていました。

敵対する防空システムの探知能力や対空ミサイルの能力向上により、空中給油機や警戒管制機などの「ハイバリュー」目標をターゲットとされるリスクが高まっているため、前方展開する空母機動部隊などでは無人機は非常に重要なアイテムとなるでしょう。

(Updated Oct/08/2019)
2回目の飛行の様子もSNSで公開されています。降着装置を収納する様子も見ることができます。

参照リンク:
https://boeing.mediaroom.com/2019-09-19-Boeing-MQ-25-Unmanned-Aerial-Refueler-Completes-First-Test-Flight