スポンサーリンク

LMT F-35調達コスト12.7%減へ

Military_MaterialによるPixabayからの画像

 米国国防総省F-35ジョイントプログラムオフィスとロッキード・マーティンは10月29日、478機のF-35戦闘機各型をF-35戦闘機プログラム史上で最低価格となる340億ドルで契約しました。この契約には生産ロット12から14までの全てのF-35プログラムにおける米国向け291機、英国等の国際パートナー向け127機、日本や韓国を含む外国軍向けへの販売機60機が含まれています。
 今回の契約では、F-35Aの機体とエンジンを含めた調達単価は生産ロット13と14で8000万ドル未満になり、生産ロット11(2019年)の調達単価と比べ生産ロット14(2022年)時点では12.8%低下します。なお、F-35A、B、C各型合わせた調達単価では生産ロット11から平均12.7%低下となります。

Variant Lot 12 Lot 13 Lot 14 % Reduction from Lot 11*
F-35A $82.4M $79.2M $77.9M 12.8%
F-35B $108.0M $104.8M $101.3M 12.3%
F-35C $103.1M $98.1M $94.4M 13.2%
*Please note: Final prices for F-35 variants following adjustments for Congressional plus-ups and other contractual settlements are as follows: F-35A – $89.3M; F-35B – $115.5M; and $108.8M.            Info: C&P from Lockheed Martin 


今回の契約分、今後3年間で生産されるF-35の内訳は、F-35A 351機、F-35B 86機、F-35C 41機となります。

LMT社によると、現在、世界中の8つの国の19の基地で、450機のF-35が使用されており、その内の7つの国でIOC(Initial Operating Capability初期作戦能力)を獲得しています。全ての機体を合わせた飛行時間は220,000時間となっています。

参照リンク:
https://www.f35.com/news/detail/pentagon-and-lockheed-martin-reach-agreement-reducing-f-35a-cost-by-12.8-pe