スポンサーリンク

新型ステルス爆撃機B-21画像公開

 米国の長距離打撃爆撃機計画の一環としてノースロップ・グラマン社が開発している長距離戦略爆撃機B-21 Raider(レイダー)のレンダリングが公開されました。

1月31日にリリースされたアーティストレンダリングは、B-21が将来配備されるであろうテキサス州ダイス空軍基地(Dyes Air Force Base (AFB))やサウス・ダコタ州エルスワース空軍基地(Ellsworth AFB)、そしてミズーリ州ホワイトマン空軍基地(Whiteman AFB)などの格納庫に駐機している様子に加工されています。

Artist rendering of a B-21 Raider concept in a hangar at Ellsworth Air Force Base, S.D., one of the future bases to host the new airframe. Northrop Grumman courtesy photo via USAF

B-21に関して米空軍が公開した画像は今回で2度目となります。

レンダリングは、ノースロップグラマンB-2Aに非常によく似た機体形状を示しています。どちらの機体も同体部や尾翼がなく、一枚の主翼で構成された全翼機で、垂直尾翼等レーダー波に反応し易い3D形状を無くした形状となっています。

もちろん1980年代に開発された40歳の先代ステルス爆撃機B-2Aと比べて、内部は全く違った新たな技術の塊でしょう。しかし外見に関しては非常に微妙な変化、どちらかというと先代のB-2が採用したかった機体後部形状になっています。

B-21はB-2Aと比較してみると、B-21の方が滑らかな胴体形状をしているように見えます。B-2Aではモコッと出ていたエンジンへのエアインレット(吸気口)がB-21では無くなっており、B-2Aよりもより機首へ前方へ配置されており、コックピット左右にエアスクープのように、上面から空気を吸い込むようなイメージの吸気口となっているのが分かります。これは、エンジンのファン・ブレードやエアインレットがレーダー上で非常に見える為、これらの露出を抑える事はB-21のレーダークロスセクション(RCS)を低くすることに貢献します。

また、コックピットの前のクチバシの形状がB-2Aと比較し、長くなっています。おそらく、これにより機首下面、コックピットのコブになる部分を隠しRCS低減に効果があるのではないでしょうか?

コックピットに関しては、フロントウィンドウの数がB-21では2枚となっています。(B-2Aでは4枚)

機体サイズに関しては、レンダリングの状態で背景が写真ですから、なんとも言えませんが小さく見えますね。小さければRCSも小さくなりますが。。アナリストの中には米空軍がB-2Aの機体サイズの2/3程の機体を要求しているとみる方もいるようです。主脚の数もB-2Aのダブルトラック(2列4輪)に対して、B-21のレンダリングではシングルトラック(1列2輪)となっており、機体重量がB-2Aと比べ軽い可能性があります。小さく軽いのでしょうか。

機体後部形状に関しては今回の画像からは分かりませんが、数年前にB-21のレンダリングが公開された時は、B-2Aと比べシンプルな後部形状となっています。B-2Aが主翼後端のエッジが10あるに対して、B-21は6となっています。これも少なければ少ないだけRCSを低減させます。

現在B-21はカリフォルニア州パームデールの米軍プラント42で製造中で(B-2Aは建屋401棟で組み立てられました。)、2021年12月にモハーヴェ砂漠にあるエドワード空軍基地に向けて飛行する予定です。

その後、2025年までに運用に入る予定で既存のB-2とB-1を置き換え、 B-52を補完し、最終的に置き換える予定となっています。

これから2年後のデビューですから、機体形状はあくまで現時点のレンダリングで、変更される可能性もあります。

参照リンク:
https://www.northropgrumman.com/air/b-21-raider/