Bombardier

737MAX

SpaceJetの今後

 今回のニュースは、Boeing社との協業が決裂したEmbraer社にとっては良いニュースだったように見ますが、これはあくまでMHIがSpaceJetから手を引くとなった場合です。実際、MHI・MITAC・SpaceJetにどのような将来的オプションがあるのか勝手に予想してみたいと思います。
Aerospace

航空機・機体部品製造メーカー状況アップデート COVID-19

 ボーイング社はワイドボディー機体製造を2週間程休止することになりましたが、他のメーカー・部品製造メーカーの状況はどうなってるでしょうか? Spirit AeroSystems Triumph GE Aviation Embraer Bombardier AIRBUS
Aerospace

2020年 航空機主要メーカーOutlook – その他メーカー

2019年はボーイング が全てのヘッドラインを奪い、その裏でエアバスは比較的好調な年を過ごしました。2020年はどのような年となるのでしょうか?各社のOutlookを簡単にまとめてみます。 Boeing Airbus その他 その他 Bombardier 同社は今年最後のCRJを引渡し、コマーシャルジェット機の生産が終了します。 Embraer
737MAX

Spirit社 Bombardier社航空機関連工場買収 – 補足

Spirit社によるBombardier社航空機関連工場買収ニュースに関して追加メモ  10月31日に発表されたこのニュースですが、スピリット社が一度は手放したビジネスジェット事業に戻ったことになります。また、ボーイングvsエアバス機体関連の製造比率も変化しますので、メモ追加します。  今回の買収で旅客・ビジネス機の中でも最新鋭の機体製造にスピリット社が加わる事になります。
A220

Bombardier社航空機関連工場 Spirit社へ売却

Spirit社によるBombardier社航空機関連工場とAsco社買収関連ニュース  カナダ航空機大手ボンバルディア社は10月31日同社のプレスリリースで、同社の航空機関連工場の一部について米国スピリット社(Spirit AeroSystems)へ売却に合意したと発表しました。今回の売却は長くから買い手を探していた、英ベルファストとカサブランカ(モロッコ)の航空機部品&主翼製造工場とテキサス州のMROメンテナンス部門です。(英ベルファスト工場はエアバスA220主翼工場で、モロッコは航空機部品製造工場。)
A220

SpaceJet (MRJ) 関連 近況まとめ

現在、三菱重工はボンバルディアのCRJ事業を買収し、機体の設計製造を米国Triumph社と進めるなど、メインのマーケットであるアメリカへ拠点整備を進めています。 MRJの開発で国内下請け会社も設備投資を行なってきましたが、ハラハラするニュースなのでは無いでしょうか?
Aerospace

三菱重工業とカナダ・ボンバルディア社 CRJ事業に関する事業譲渡契約を締結

三菱重工業およびカナダ・ボンバルディア社が、6月25日、カナダエア・リージョナル・ジェット(CRJ)事業に係る事業譲渡契約を締結したというニュースがありました。これは6月上旬にMHIとBombardier両社が協議中であることを認めていました。締結完了するのは来年下半期中となります。
A220

三菱重工がボンバルディアCRJ事業買収交渉中

パリエアショー前のこの時期は色々ニュースが盛りだくさんですが、その中でも、昨日からニュース各紙で一斉に取り上げられたのが、三菱重工がカナダの航空機・鉄道車両大手ボンバルティアの小型ジェット旅客機「CRJ」事業の買収に向けて交渉を進めているというニュースです。