スポンサーリンク

フィリピン向け攻撃ヘリ売却承認 AH-64E vs AH-1Z

AH-1Z Viper Photo: Pixabay

 米国政府はボーイングAH-64Eアパッチ6機とベルAH-1Zバイパー攻撃ヘリコプター6機に関してフィリピンへの売却を承認しました。 4月30日付けの米国防安全保証協力局によると、最終的な販売アイテムは顧客の承認を条件とするため、まだ決定ではありません。フィリピンは2機種の攻撃ヘリのうち1機種を選択する予定です。

ボーイングAH-64Eを6機および関連機器の販売は15億ドルと推定され、ベルAH-1Zを6機および関連機器の販売価格は4億5000万ドルと推定されます。

どちらのパッケージにも、GE Aviationターボシャフトエンジン、GPS、レーダー警告受信機、BAE Systems Advanced Precision Kill Weapon Systems(APKWS)、Lockheed Martin Hellfire IIミサイルなどの追加の機器と武器が含まれています。各パッケージには、スペアパーツと、修理部品やトレーニングデバイスなどのサポート機器も含まれています。

ただし、ボーイングAH-64E販売パッケージには、アドオンと武器のはるかに広範なリストが含まれています。たとえば、Bell AH-1Z販売パッケージにはAPKWSロケットの26セットが含まれていますが、ボーイング製品には300セットが含まれています。これらのパッケージ価格の違いが、大きな価格差に現れています。

フィリピンは東太平洋のアメリカの重要な同盟国です。国は台湾と南シナ海の間にあり、どちらも中国が領有権を主張している地域です。

また、フィリピンは同国南部で長年イスラム教徒の分離主義者と闘ってきました。一部の分離主義者は、イラクやシリアのISグループなどの国際的なイスラムテログループと提携しています。 今回承認された攻撃ヘリコプターのフィリピンへの販売は、フィリピン軍がどちらの脅威に対処するのにも役立ちます。

フィリピンがアパッチ を選んだらちょっとビックリしますね。。。

参照リンク:
https://www.dsca.mil/major-arms-sales/philippines-ah-1z-attack-helicopters-and-related-equipment-and-support
https://www.dsca.mil/major-arms-sales/philippines-apache-ah-64e-attack-helicopters-and-related-equipment-and-support