スポンサーリンク

ボーイング、2019年第4四半期の業績を発表

ボーイングは29日、予想通り2019年年間損失を発表しました。

● 売上高は766億ドル、GAAPベースの1株当たり損失(1.12ドル)およびコア(非GAAP)* 1株当たり損失(3.47ドル)

● 営業キャッシュフロー(24億ドル); 100億ドルの現金および市場性のある有価証券

「やるべきことがたくさんあることを認識しています」「私たちは、737 MAXを安全に商業飛行再開させること、利用者の皆様からのボーイングブランドがもつ長年の信頼を回復することに注力しています。」と、ボーイング社長兼最高経営責任者のデイビッド・カルホーンは声明で述べています。

ボーイングは、2019年第3四半期末の109億ドルからわずかに減少した100億ドルの現金および市場性のある有価証券で年度を終えました。

負債は第3四半期末の247億ドルからわずかに増加して273億ドルになりました。

「737 MAXの飛行停止処置に関連する顧客への推定譲歩およびその他の考慮事項に関連する税引前費用として26億ドルが追加された」「会計上の数量に含まれる737機の生産にかかる推定コストは、主に変更された生産&引渡し機数の仮定を反映して、四半期中に26億ドル増加しました。さらに、737 MAXの生産中断と低生産率での生産の段階的な再開により、約20億ドルの異常な生産コストが発生し、主に2020年に発生します。」とボーイングは述べています。

これらの合計は92億ドルで、一部の航空宇宙アナリストが予想している100億ドルよりもわずかに少なくなっています。 完全な財務結果を含むプレスリリースは下記リンクでご覧いただけます。

参照リンク:
https://boeing.mediaroom.com/2020-01-29-Boeing-Reports-Fourth-Quarter-Results