スポンサーリンク

風力発電設備の防空レーダーへのリスク軽減取組

Three wind mills made of glowing triangles, lines, dots. Wind turbines field. Renewable alternative sources of electric energy. Low polygonal wire frame design. Vector illustration.
DASA is looking to mitigate windfarms impact on UK Air Defence.
DASA Crown Copyright.

 英国国防・安全保障促進機構(DASA)と国防省(MOD)防空システムに対する風力発電所の影響を「軽減および除去」するために200万ポンドの公募を開始しました。洋上風力タービンが民間および軍用レーダーの両方に与える影響を軽減する革新的なソリューションと技術の進歩の提案を求めるものです。
この中で開発された新しい技術により、英国はグリーンエネルギーの成長を拡大すると同時に、将来の風力発電所が英国の防空レーダーシステムに影響を与えないようにすることを目指しています。

この公募は、DASA主導の下、ビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)、英国空軍(RAF)、防衛科学技術研究所(Dstl)の支援を受けたもので、2030年までに洋上風力から30GW(英国の電力需要の約30%)を生成するための広範な政府間推進プロジェクトの一環です。

風力発電設備は、支柱やモーター部を覆うシュラウドなどの静的コンポーネント、およびブレード部などの可動コンポーネントからの反射によってレーダーシステムに影響を与えます。フィルターをかけることにより、静的コンポーネントは除去できますが、回転するブレードはレーダーのドップラーシフトを引き起こし、反射を除去しにくくします。地上レーダーでのこのドップラーシフトは、高速で移動する低空飛行の脅威の信号を模倣する為、レーダー上で本当の脅威を識別しにくくします。

公募内容には4つの課題があり、1つはレーダーに代わるものを検討するもの、2つは風力タービン自体に適用できる技術、3つはレーダー自体に適用されるシステムです。 4番目の課題は、同じ目標を達成するが、上記の要件に適合しないシステムです。 公募結果と契約は2021年3月に予定されています。

英国での再生可能エネルギー発電量の増加は、洋上風力発電に支えられてきており、2018年には新規設備容量だけで2,100MW以上、2019年には世界最大の洋上風力発電となるHornsea Oneで1,200MW、Beatriceで588MWと設備容量を増強しました。また設備容量714MWのEast Anglia Oneも2020年に完成を予定しています。英国政府は、総計で洋上風力設備容量8,500MWの建設を許可しており、2020年代には20,000MWに到達する見込みで、2030年までに官民連携で30,000MWを目指しています。

参照リンク:
https://www.gov.uk/government/news/dasa-seeks-innovative-ideas-to-mitigate-radar-risk-of-windfarms
https://www.carbonbrief.org/analysis-uk-renewables-generate-more-electricity-than-fossil-fuels-for-first-time