MHI

Aerospace

三菱航空機 スペースジェットの米拠点閉鎖

 三菱航空機は、米ワシントン州などの海外拠点を閉鎖する方針を明らかにしました。親会社の三菱重工業が開発予算の縮小を決めたためで、日本でも1500人程度の人員を段階的に減らし、三菱重工本体や他の事業部門などへの配置転換をさせる計画です。
Aerospace

米国務省 航空自衛隊F-15改修用機器売却承認

以前から話題になっていた航空自衛隊保有のF-15戦闘機の能力向上に関して、米国務省が最大98機の改修に必要な関連機器の売却を承認しました。費用は45億ドル(4900億円)。主契約社はボーイング社となり、日本国内の下請けは機体をライセンス生産した三菱重工となります。 国防総省傘下の国防安全保障協力局は「主要な同盟国の安全保障を向上させ、米国の外交政策と国家安全保障を支える」としています。
Aerospace

三菱航空機「スペースジェット」初号機納入延期へ調整

10月19日付の日本経済新聞によると、三菱航空機は開発中のスペースジェットM90の初号機納入について6度目の延期に向けて調整に入ったようです。「6度目」でもう慣れてきたので、ここではスペースジェット「初」の延期としてフレッシュな感じに書き換えましょう。 理由としては機体開発の遅れで国土交通省からの型式証明(TC)取得作業が長引いているためとのこと。機体開発の遅れの部分については、機体配線の部品不具合で長引いているようです。 この延期により最初の顧客であるANAへの引き渡しが2021年半ばにずれ込むようです。
Aerospace

SpaceJet M100 100機受注へMOU

三菱重工業傘下で国産初のジェット旅客機を開発している三菱航空機が、76人乗り「M100」を100機、米メサ航空から受注することで覚書を締結しました。覚書=Memorandum Of Understandingです。Paris Air Showでも15機分のMOUがありました。 発注/受注に向けて正式に話し合いをしましょう...状態です。物もないですし、納期も間に合うかわからない状態ですので。このMOUは先ずは50機の正式発注、その後オプション分の発注を行うとうもので、納期は2024年を目指しています。
A220

SpaceJet (MRJ) 関連 近況まとめ

現在、三菱重工はボンバルディアのCRJ事業を買収し、機体の設計製造を米国Triumph社と進めるなど、メインのマーケットであるアメリカへ拠点整備を進めています。 MRJの開発で国内下請け会社も設備投資を行なってきましたが、ハラハラするニュースなのでは無いでしょうか?
Aerospace

Triumph社 三菱スペースジェットM100の設計開発を支援

Triumph Group, Inc.は、先週のParis Air Showで、同社のAerospace Structures事業部が、三菱スペースジェットM100の設計と開発を支援するために三菱航空機株式会社にエンジニアリングサービスを提供することを発表しました。この契約では、特に翼の最適化と高度な材料技術へのアクセスに関連して、Triumphの中核となる構造エンジニアリングリソースを活用して三菱スペースジェットM100機の開発のための機体設計および解析サポートを提供するとのことです。
Aerospace

三菱重工業とカナダ・ボンバルディア社 CRJ事業に関する事業譲渡契約を締結

三菱重工業およびカナダ・ボンバルディア社が、6月25日、カナダエア・リージョナル・ジェット(CRJ)事業に係る事業譲渡契約を締結したというニュースがありました。これは6月上旬にMHIとBombardier両社が協議中であることを認めていました。締結完了するのは来年下半期中となります。
A220

三菱重工がボンバルディアCRJ事業買収交渉中

パリエアショー前のこの時期は色々ニュースが盛りだくさんですが、その中でも、昨日からニュース各紙で一斉に取り上げられたのが、三菱重工がカナダの航空機・鉄道車両大手ボンバルティアの小型ジェット旅客機「CRJ」事業の買収に向けて交渉を進めているというニュースです。
ASM

空対艦巡航ミサイル「ASM-3」の改良型400km+射程を目指す。

空対艦巡航ミサイル「ASM3」とは? ASM3は作ったけど、使えない(発射できない)? 何故、ASM3を調達しないで、次のミサイル開発するの?