スポンサーリンク

シンガポール向けF-35B承認 米国防総省

 以前の記事でも取り上げましたが、シンガポール向けF-35Bが米国防総省から承認を受け、FMS供給されることが正式に決まりました。アメリカ国防安全保障協力局(DSCA)のニュースリリースで発表されています。

シンガポールは昨年、1998から使用しているF-16の退役が2030年に予定されているため、その後継機にF-35を選定し4機+8機(追加オプション)の発注を決定していました。シンガポール国防省は「フルフリートの決定をする前に、試験的に購入し決定する。」とのコメントしていました。

今回の発表で、機体はSTOVL(Short TakeOff/Vertical Landing – 短距離離陸垂直着陸機)タイプのF-35Bなっており、12機+関連設備を含めた価格は$2,750 billion(約3,000億円)となっています。

含まれるアイテムは:
The Government of Singapore has requested to buy up to twelve (12) F-35B Short Take-Off and Vertical Landing (STOVL) aircraft (four (4) F-35B STOVL aircraft with the option to purchase an additional eight (8) F-35B STOVL aircraft); and up to thirteen (13) Pratt and Whitney F135 Engines (includes 1 initial spare). Also included are Electronic Warfare Systems; Command, Control, Communication, Computers and Intelligence/Communication, Navigation and Identification (C4I/CNI) system; Autonomic Logistics Global Support System (ALGS); Autonomic Logistics Information System (ALIS); F-35 Training System; Weapons Employment Capability and other Subsystems, Features and Capabilities; F-35 unique infrared flares; reprogramming center access and F-35 Performance Based Logistics; software development/integration; aircraft transport from Ft. Worth, TX to the CONUS initial training base and tanker support (if necessary); spare and repair parts; support equipment, tools and test equipment; technical data and publications; personnel training and training equipment; U.S. Government and contractor engineering, technical, and logistics support services; and other related elements of logistics support. The total estimated cost is $2.750 billion.

シンガポールは63個の島があり、全て合わせて721.5㎢(現時点では。年々拡大している。)の島国です。日本の奄美大島の大きさと同じくらいです。その島に四つの基地を持っており、それ以外にフランス、米国、グアム、オーストラリア、南アフリカ、マレーシアなどの基地を、駐留先もしくは訓練場所として使用しています。ニュージランドとも協議中です。

参照リンク:
DSCAニュースリリース