787

787

日本航空A350型機APUメンテナンスサービス契約締結 – ルフトハンザ・テクニーク

 ルフトハンザ・テクニークと日本航空(JAL)は、航空会社のエアバスA350フリートのAPU(補助電源装置)メンテナンスサービスに関する契約を締結しました。 5年間の契約サービスは、APU HGT1700シリーズの予備サポートとともに修理およびオーバーホールメンテナンスを提供します。現在、JALは最新のA350機に関して56機導入予定です。(31機確定25機オプション)
777

777X関連ニュース(2019年11月21日)

開発中の777Xに関してアップデート GE9Xエンジン エミレーツ航空@ドバイエアショー 先日777X向けのGE9Xエンジンがシアトルに再納入され、テスト機体(WH001)へ取付けられている件をメモりました。これによりボーイングは今年12月〜来年明けの初飛行を目指しています。
777

ロボット vs 人 777X製造ライン

数ヶ月前から業界内では噂になっていましたが、Bloomberg誌で取りあげられましたので、私も追っかけメモ。(シアトルタイムズ誌でかなり詳しく書かれていました。) 今回は737MAXネタではありません。 今回は、ボーイングがロボットによる777/777Xの胴体用リベッティング&ファスニングシステムの一部を諦めたというものです。(リベッティング=打鋲)
777X

エアバス社次世代機翼開発 – WoT

先日の記事でも次世代機開発プログラム ー Wing of Tomorrowに関連した記事を書きましたが、どのような機体開発を目指しているのか、2019年10月末時点で、インターネットをサラッと検索してわかる範囲でまとめてみました。メモまで。 目指すところ このプログラム名Wing of Tomorrowの名前にある通り新しい翼を開発しています。この翼はエアバスが目指す次世代単通路機(Next-generation single-aisle aircraft)に採用されます。
787

ボーイング第3四半期決算と787生産レートダウン

ボーイング社が23日発表した第3・四半期決算報告では737Maxの運行停止&引渡し停止が長引いていることから全体として53%の減益となっています。民間機部門が41%減となっています。防衛関連は1.5%の増加で、これは衛星やT-7Aジェット練習機の販売の影響です。これ以外に防衛関連が昨年に比べて好調なデータとなっている理由は、安全性の確認のため陸軍の受入停止を受けていたAH-64Eアパッチ 攻撃ヘリの受入再開や、9月までにFOD問題で受領停止していたKC-46Aタンカーを米空軍へ納入した事が挙げられます。  B787に関して、生産レートを現在の月産14機から12機へと減産するようです。レート変更は2020年度中に開始し、2年間とみています。
737MAX

新エンジン搭載 ボーイング767(-X) 再検討

ボーイング社が新エンジンを搭載したB767の貨物機と旅客機モデルについて検討していることがわかりました。 これはFlightGlobal誌が最初に取り上げた情報ですが、「767-XF」というプロジェクトネームで、既にある機体プラットフォームを使用して将来的な貨物機を検討しているようです。 ベースとなる機体は767-400ERで、GE社製GEnxエンジン2発を搭載した形のようです。エンジンは既存のエンジンより大きくなる為、ランディングギアをより長いスタイルに再設計する必要があります。
737-10

ボーイング新中型機(NMA)の状況 (4)

 4月中旬にボーイング新中型機(NMA)の状況 (3)を書いてからしばらく経ちましたので、ボーイング新中型機(NMA)の状況 (4)を書いてみようと思います。 NMAのアナウンスはいつ? 日本はNMAにどれだけ絡めるか? 今年のパリエアショー前後でAIRBUSのA321XLRに関して、NMAの対抗機種として検討されていることが話題になりました。それから数ヶ月経ちましたが、特にBoeingからNMAに関して「検討しているが、737Maxが最重要課題である」という以外の発言以外はニュースになっていません。(私が見ているニュースレベルですが...)
777

ボーイング777X 荷重試験延期 ドアが吹き飛ぶ

ボーイング6日、航続距離が長い次期大型旅客機「777X」の試験の一つを中断したことを明らかにしました。  中止されたのは型式証明の取得手続きの一環として行われる「最終荷重試験」で、米連邦航空局(FAA)の検査官の立ち会いのもとで「通常運航時を大幅に上回る荷重とストレス」を機体にかける内容だった。この荷重試験は機体を800トンの治具に取り付けて行われますが、その試験中に機体の貨物ドアが吹き飛んだようです。
737MAX

ジェットエンジン – ターボファンエンジン燃費効率

ボーイング787やエアバスA350は皆さんもご存知の通り複合材を多用した飛行機としてゼロから作った飛行機です。 しかし、787とA350以外で近年デビューした旅客機の多くは、A320neoや737Maxのような、これまで飛んでいた飛行機...
737MAX

Paris Air Show 2019 – 受注まとめ

パリエアショー 2019終了時の受注状況をまとめました。 エアバス50周年を記念する年でしたが、前回、前々回と比べると、全体的な受注数は低く、静かなショーでした。 全体的にはエアバスが受注数を伸ばし、合計388機の受注をしました。対してボ...